プロミス キャッシング

MENU

プロミスのキャッシングが「主婦に人気」の理由

プロミスのキャッシングは、主婦や女性の間で人気があります。
のキャッシングは、お金を借りる罪悪感からか「秘密にしておきたい」という方が多いです。

 

特に女性は、借金をしていることは「誰にも言いたくない」という方が大半を占めます。
多くの女性は(借入のばれにくい)クレジットカードでキャッシングをしています。

 

ただし、クレジットカードのキャッシングには「大きな危険」が伴います

 

これは、クレジットカードのキャッシングが借り入れの利息が高いため、返済の負担が大きくなるからです。
実際に、クレジットカードのキャッシング件数が多くなり、返済不能に陥る方は多いです。

 

サラ金大手でキャッシングを利用するのなら、利息の低い「カードローン」を利用しましょう

 

プロミスなら、4.5%〜17.8%の低い利息でカードローが利用できます。
また、即日融資にも対応しているので、申込をした当日中に融資が受けられます。

 

このほか、融資額は500万円まで対応しており、急な出費でも慌てることなく対応できます。

 

プロミスは、女性の優しいローン会社

プロミスは、三井住友銀行グループのカードローン会社です。
銀行系のローンブランドなので、キャッシングに抵抗のある女性でも、安心して利用できます。

 

また、プロミスには女性専用の申込窓口(インターネット)があり、初めての方でも安心して申込ができます。
女性専用窓口で申込をすれば、プロミスの女性スタッフが丁寧に対応してくれます。

 

借入の方法や月々の返済額、使い方について分からないことは、女性スタッフに何でも相談してみましょう。
ネットでローンの申込をすれば、女性オペレーターが確認の電話を掛けてきてくれます。

 

また、職場への在籍確認が必要な場合でも、女性スタッフが対応してくれるので安心です。
女性スタッフはプロミスと名乗らず、友人や知り合いを装って、在籍確認を証明してくれます。

 

このため、職場の同僚や上司にばれることなく、安全にローン契約が完結できます。
誰にも「借入を知られたく無い」方は、プロミスのローンを利用しましょう。

 

プロミスのキャッシングは、ネットで申し込むのが最も便利!

プロミスのキャッシングは、インターネット経由で申し込みましょう。
もちろん、店舗や無人契約機でも申し込めますが、スピード重視の方には「プロミスのネット申込」がおすすめです。

 

2015年になってから、プロミスは「Web完結サービス」を新たにスタートさせました。

 

WEB完結サービスは郵送物無し、カード発行なしの「スピード融資」が受けられます。
以前は(プロミスの子会社である)モビットだけのサービスでしたが、今年になって親会社のプロミスでも、同様のサービスを開始しました。

 

WEB完結では、すべての手続きがパソコン上だけで済ませられます。
カードの発行が無いので、最寄りの店舗に出向く必要がありません。

 

また、契約後は「口座振り込み」が選択できるので、以下の(金融機関)口座に充てて、振込キャッシングが利用できます。

 

【振込キャッシングできる金融機関】

  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • セブン銀行
  • みずほ銀行
  • ジャパンネット銀行
  • りそな銀行(埼玉りそなもOK)
  • 新生銀行
  • 楽天銀行
  • ソニー銀行ほか

 

上記、都市銀行やネット銀行のほかにも「全国の地方銀行」口座で、振込キャッシングが利用できます。
ただし、振込先は「ローン利用者」本人の口座しか利用できません。

 

他人名義の口座に振込ができないので、注意しましょう。

 

ただし、WEB完結の利用には条件があります。
WEB完結を利用するには(契約時に)選択する金融機関で、本人確認を終えている必要があります。

 

本人確認は(返済用)口座振替の手続きをすればOKです。
ローン申し込みの際、利用する金融機関を指定し、振替口座の手続きを行ってください。

 

プロミスは、身分証だけでキャッシングできる

プロミスでは、原則「身分証だけでキャッシング」が利用できます。
ただし、利用できる金額は50万円までと決まっています。

 

また、他社で借入があっても「合計100万円以下」なら、身分証明書だけでローンが組めます。
運転免許証かパスポート、保険証のいずれか一通を用意しましょう。

 

住基カードやマイナンバーについては、ネット申し込みの後、オペレーターに質問してみてください。
また、自営者の方は、借入の金額に関係なく、身分証明書と所得証明書が必要です。

 

税額通知書や青色(白色)申告書の控えを用意しましょう。

 

もちろん、50万円を超える融資や他社との合算が100万円を超える場合は、一般の方でも「所得証明書」が必要です。
給与明細や確定申告書、源泉徴収票などいずれか一通の写しを用意しておいてください。

 

これらの書類は、最新の証明書が必要です。
また、ボーナスを受け取っている方は「賞与の明細」も忘れず提出しましょう。

 

プロミスなら、女性でも安心してキャッシングできる!

銀行系ローンのプロミスなら、キャッシングが初めての方でも安心です。

 

特に、主婦の方は「女性にやさしい」プロミスで契約をしましょう。
専門の女性スタッフが対応してくれるので、誰でも不安無く「即日キャッシング」が始められます。